うつのチェックが簡単【誰でもかかる可能性のある病気】

女性

生活カウンセリングも大切

医者

今の状態が分かります

簡単なチェックシートで、一人一人の抑うつ度を数字で知る方法もあり、現在の自分の心とからだの状態を知る良いきっかけとなります。うつ病は、病名は知っていても、症状など、詳しい事までは知らない方も多く、誤解されているケースもあります。ライフスタイルは人それぞれ異なり、病の種類も増えているため、専門医でも判断が難しい場合もあり、患者さんの正確な情報を集める事が必要です。ストレスが原因で心の病気にかかる方もいますし、スマートフォンの使い過ぎなど、姿勢の悪い状態が続き、心のバランスが崩れてしまう方もいます。女性や高齢者に多い症状があったり、十代の若者に増えている症状もあったりなど、原因が多様化していることも問題です。現在は、客観的な診断ができるように国際的な診断基準が作られており、チェックシートを使い、今の状態に当てはまる回答を選択する事で、様々なことが分かります。症状が重くなってから病院へ行く事がないように、病院のホームページや情報サイトからセルフチェックを行う事もおすすめです。自分の今が分かるだけではなく、チェックシートをメールで送ったり、印刷をしたりする事ができるため、医師に相談する時に症状を的確に伝える事に役立てられます。気分の落ち込みや身体のつらさの症状が現われた方は、情報サイトでうつ病の症状チェックシートに回答する事で、結果を見ながら心療内科で相談するかを判断しやすくなります。また、相談ができる病院を検索して調べる事ができる情報サイトもあるため、自己チェックだけではなく、専門医に詳しく診断してもらえる心療内科を簡単に見つけられます。専門医は、患者さんの性格などを詳しく知るために、医療面接を行いますし、チェックリストを使って、あてはまる項目の数から症状の重さを診断します。専門の医学会が作成した診断基準も参考にしながら、医師は、症状の原因が多様化するうつ病の種類を見極めていきます。うつ病の治療は家族の支えは重要になり、病院で診察する時も症状の重さを知るために家族から話を聞くこともあります。治療にはしばらく時間がかかる事が多く、家族が生活のサポートをする事も重要になるため、家族に治療の説明をするためにも、心療内科に付き添ってもらう事が大切です。支える家族もうつ病の事を詳しく知らないケースは多く、サポートの仕方がわからない方もいますが、カウンセラーによる生活カウンセリングも実施されています。通院中の患者さんのサポートもしっかりと行ってくれる心療内科を見つける事で、安心感を持てます。