うつのチェックが簡単【誰でもかかる可能性のある病気】

女性

心の病気について

看護師

心療内科を選ぶ基準

原因不明の懈怠感や睡眠不足が続いている場合は、うつ病の可能性があります。うつ病のチェックはインターネットで可能です。この場合、サイトの監修者は精神科医の方が信頼性が高いです。インターネットでは約30問から50問近くのチェック項目があります。そのチェック項目に全て回答することによって、自分の精神状態を知る事が可能です。そのため仮に嘘をついた場合は正確な判定が出来ないために注意をしましょう。うつ病という判定結果が出た場合は、すぐに心療内科に行きましょう。有料サイトでは臨床心理士が相談を聞いてくれるケースもあります。この場合でも、投薬治療は出来ないために心療内科を受診する事を推奨します。なぜなら、うつ病はセロトニンなどの脳内物質が足りなくて、心に異常を発生しているからです。また、心療内科で自分がうつ病か否かをチェックする場合は、現在の睡眠時間や仕事の集中力などが質問されます。正直に現在の状況を答える事で、適切な投薬治療がなされます。また体力が弱っていたり、気力の減退が著しかったりする場合は入院治療となります。この場合、精神的な負担を避けるために所持している携帯電話の制限がありますが、根気よく治療を継続する事で回復に向かいます。うつ病チェックの結果、自分が病気である可能性が高い場合は、すぐに精神科医の診察を受けましょう。うつ病は保険適用がなされるために、初診の相場は薬代を含めて5千円前後になるケースが多いです。もっとも症状によって薬の量が変わるために、病院代金は異なります。多くの心療内科では、事前に電話で質問する事で、受診料金の目安を教えてくれます。心療内科を選ぶ基準は、医療に対して勉強熱心な精神科医を選びましょう。なぜなら、うつ病の時は食欲減退や寝不足で内臓機能も低下している事もあります。このような場合に、担当の精神科医が内科の知識も豊富である場合は、血液検査によって異常を発見して、治療のための点滴や薬を処方してくれます。また、うつ病の場合は悩みを自分一人で抱え込んでしまう事も多いです。このような場合にカウンセラーが在籍している病院は心強いです。精神科医だけでは見逃す可能性がある心の状態も、カウンセラーが見逃さずにチェックをしてくれます。そして投薬治療が開始された場合は、完全に回復するまで長く通院する事になります。そのため、人間的に信頼できる精神科医を選ぶと、通院が心理的に楽になります。回復するまで諦めずに味方になってくれる精神科医を選びましょう。