うつのチェックが簡単【誰でもかかる可能性のある病気】

医療

病気の判断が大切です

女性

うつ病は体と心の両方の症状が出る病気なので、その可能性がある場合にはまず自分でチェックを行うことが重要です。そして、その記録を持って病院を受診し、治療を受けたり生活習慣の改善などに関して医師からアドバイスをもらうと良いでしょう。

詳しく見る

生活カウンセリングも大切

医者

心とからだの不調が気になる方は、うつ病の症状チェックシートに回答する事で、今の状態を知る良いきっかけとなります。また、心療内科を早めに受診する事で、症状が重くなる前にうつ病の治療を始められる方もいます。

詳しく見る

メンタルヘルスを維持する

看護師

早期発見のために

いくつかの項目に答えることで、うつ病の自己診断ができるチェックシートを、インターネットなどでも頻繁に見かけるようになりました。精神的・肉体的な不調を感じたとき、このようなチェックを試したことがある方も多いでしょう。けれども自分は関係ないからと、無視している方がいるかもしれません。その背景には、うつ病は精神の弱い人がかかる病気だという誤解があります。うつ病は実際には心の強さにかかわらず、誰でもかかる可能性のある病気です。決して恥ずかしいことではないので、症状が現れたら素直に受け止める必要があります。またもしうつ病だと判定されたら怖いので、かえってチェックから目を逸らしている方がいるかもしれません。結果によっては仕事を休まなければならなくなったり、家族や知人から変な目で見られたりするという恐れもあるでしょう。そうした心配が積み重なってストレスになれば、むしろ症状がどんどん悪化していく可能性があります。うつ病は早期に発見し適切な治療を行えば、普段どおりに生活しながら快方に向かうことも珍しくありません。取り返しがつかなくなってから医師を受診する前に、気軽に自分自身で早期発見に繋げられる点が自己チェックのメリットと言えるでしょう。うつ病の自己チェックを行うときは、あまり気構えずに感じたままを答えることが大切です。また当然のことですが、できるだけ正直に答えなければなりません。うつ病と診断されたくないという意識が働くと、どうしても格好をつけたくなってしまいますが、それでは正確な判定ができないので注意が必要です。場合によっては周囲の人に意見を求めてみるという方法もあります。自分自身では落ち着いているつもりでも、他人からはいつもイライラしているように見えるといったことがあります。そうしたギャップも判断に加えると、より正確な診断ができるでしょう。チェックの結果、うつ病の疑いが濃いと判定されても、それだけで決めつけてしまうことはできません。自己判断で抗うつ薬などを服用すると、逆に症状が悪化してしまう恐れがあります。チェックはあくまで精神科や心療内科を受診するきっかけと考えてください。記入したチェックシートを受診の際に持参すれば、診断のひとつの参考になるでしょう。反対にチェックの結果うつ病の可能性が薄いと判定されても、過労やストレスを溜めつづけてよいということにはなりません。メンタルヘルスを良好な状態に保つためには、継続的に自分自身を見直す努力が必要です。

精神面の変化を確かめる

男性

うつ病チェックの結果に合う治療法を用意して、睡眠の質を改善するための指導まで行ってくれる心療内科ほど、治療方針が信頼できると評価が高いです。患者から話を聞くだけでなく尿検査や血液検査も行いながら、うつ病の原因を確かめてみてください。

詳しく見る

心の病気について

看護師

インターネットを利用すれば、うつ病であるか否かを無料で調べられます。いくつかのチェック項目を確認するだけなので、うつ病かもしれないと思ったら利用しましょう。結果は絶対ではないので、気がかりなことがあれば精神科や心療内科を頼りましょう。

詳しく見る